名古屋のキャンプボランティア/健常児、障害児、発達障害、LD、自閉症などの子どもたちが楽しみ、育ち合うキャンプ活動

アサヒキャンプ名古屋

NPO法人アサヒキャンプ名古屋のホームページは新サイトに移行しました。

5秒後に自動ジャンプしない場合はこちらをクリックしてください。

キャンプカウンセラー活動の魅力

子ども、自然、仲間、さまざまな関わりの中で学んでいくもの

 キャンプカウンセラーとして活動していく中で、楽しいことややりがいのあること、また辛いこと悩むことなど、いろいろな経験を積むこととなります。

 そうしたアサヒキャンプでの経験は、必ずや彼らに大きな学びをもたらすものだと思います。ここでは、そうしたキャンプカウンセラーをやる上での魅力を紹介していきます。

1)子どもたちとのふれあい

子どもたちと触れ合うキャンプカウンセラー

 キャンプカウンセラーの魅力は、なんといっても子どもたちとのふれ合いです。アサヒキャンプでは、年齢・悩み・障がい・感じ方など、それぞれ個性が違う子どもたちとともにキャンプをします。

 もちろん、子どもたちと遊ぶのは楽しいものですが、時には、思うように仲良くなれなかったり、子ども同士がケンカしたり、どう接すればよいのか分からなくなったり、と悩むこともあります。そうした中で、どうしたらその子たちにとって良い対応ができるか、成長を手助けしていけるかを仲間とともに真剣に考えていきます。

 そのことにより、キャンプカウンセラーは子どもたちや仲間に対して共感する力、思いやる力、教え導く力など、人として大切な感情を育んでいき、一回りも二回りも人間的に大きくなっていきます。

2)自然の中でのキャンプ活動

自然の中でのキャンプ活動

 ベースキャンプ場となる乙女渓谷キャンプ場にて、自然の中、子どもたちと一緒に思い切り遊びます。

 水が澄んだキレイな川で、子どもと一緒に水遊びをしたり、薪を使って食事を作ったり、夜は、キャンプファイヤーをし、歌い踊ったりと、自然の中での生活を満喫することができます。

 自然の中では、不便さももちろんありますが、その環境の中でいかに工夫して面白いことをしていくかを考えていく楽しみがあります。毎回、キャンプカウンセラーの誰かが自然の中での新しい遊び方を考え出したりして、それを仲間や子どもたちが興味深く見ているという風景があります。そうした体験や思い出は、かけがいのないものとなるはずです。

3)仲間とともに作り上げていく活動

仲間とともに作り上げる活動

 アサヒキャンプ名古屋には、東海地方のさまざまな大学生が集まります。そして、魅力あるキャンプを創り上げるという共通の目的を持って、お互いを高めあえる環境があります。

 大学時代をアサヒキャンプの活動に没頭する学生もいれば、 忙しい中、少しの時間を見つけて参加する学生もいます。

 その多様なスタンスをお互いが認め合い、キャンプ活動を通し、楽しさを共有したり、悩みを相談しあったり、意見をぶつけあったりと特別な絆が生まれていきます。

NPO法人アサヒキャンプ名古屋

〒456-0024
名古屋市熱田区森後町7-14
沼田ビル3F マップ

TEL:052-908-0623

FAX:052-908-0635

asahicamp.nagoya@gmail.com