名古屋のキャンプボランティア/健常児、障害児、発達障害、LD、自閉症などの子どもたちが楽しみ、育ち合うキャンプ活動

アサヒキャンプ名古屋

参加児&保護者の声

2014年「夏いろキャンプ」

小3から毎年来て、今年で7年目! いろんな思い出がいっぱいできました。今年は初のイワナつかみがあって、取れなかったけど、はしゃぎまくって本当におもしろかったです。今回はグループの子や、グループ以外の子ともたくさん話せたので、めっちゃ仲良くなれました。キャンパーと話すのも楽しかったけど、カウンセラーと話すのも超楽しかったです。言った冗談に乗ってくれたり、今までのカウンセラーの話をしたり・・・。本当に最高で幸せでした。ありがとう。(中学3年生女子)


一番印象に残っているのは、雨の中での朝ごはん作りです。ズボンや服のそでがぬれて、かなり大変だったので、テントの中に入った時はよかったと思いました。かまどの火も最初は火花やマッチが少しこわかったですが、だんだんなれてきました。川遊び(水の掛け合いなど)は、私はあまりやりませんでしたが、見ているだけで楽しかったです。(小学6年生女子)


夏いろAキャンプ、楽しかったです。@カレーライスを作った。A煮込みラーメンを作った。Bサンドイッチを作った。C川でイワナを取りました。全部、楽しかったです。また行きたいです。(中学2年生男子)


 ☆一番楽しかったこと 川遊び・・水鉄砲をしました。みんなで水のかけあいをして楽しかったです。
 ☆一番おいしかったもの カレーライス・・具がいっぱい入っていておいしかったです。(小学6年生男子)


一番楽しかったことはエメラルドフィッシュ(イワナ)をつかまえたことです。
水はつめたかったけど、2匹つかまえました。夕ごはんで塩やきにして食べました。ものすごくおいしかったです。いろんな天気だったけど、外で花火をしたり、水てっぽうをしたり、キャビン(バンガロー)でトランプをしたりして、楽しかったです。また来年も行きたいです。(小学4年生男子)


川遊び楽しかった! キャビンでみんなと話せて楽しかった!(中学3年生男子)


ぼくはキャンプでいろいろな経験をしました。川遊びで水風船をたくさん作ったり、みんなで花火をしたりしました。どれも心に残る思い出です。ぼくは、アサヒキャンプのお兄さんになりたいと思いました。(小学4年生男子)


保護者から

キャンプから帰ってきて、自分がやりたいことを伝えようとすることが増えました。顔合わせ(説明会)の時、学生の方たちが、顔を見ただけで、すぐにキャンプネームを呼んでもらえて、顔とキャンプネームを覚えていてくれることがとてもうれしいです。(中学2年生男子の母)


アサヒキャンプとは今年で10年のおつきあいになります。自閉症である長男が小3(現在高3)、その姉が小5(現在大学2年)の時に初めてキャンプに参加させていただきました。息子にとって3泊4日も親から離れることは難しいだろうと思っていましたが、カウンセラーさんやお友だちのおかげで、次の年も「キャンプに行きたい」と言ってくれました。次女が小3になった時とその次の年は3人でキャンプに参加することができ、親として今でも大変嬉しく思っていますその後、姉が卒業し、兄が卒業しても、次女は一人で参加し続けました。これはアサヒキャンプがとても素敵な会である証拠だと思います。

障がいをもつ子どもの親としては、障がいをもたない子どもたちとの交流というものはとてもありがたいものです。今年でアサヒキャンプとはお別れですが、これからも末永く続けていただきたいと思います。長い間ありがとうございました。(中学3年生女子の父)


娘がキャンプから帰ってきて「とても楽しく帰ってきたくなかった。もっと泊まりたかった」と喜んでくれました。バンガローで泊まれたことがうれしかったようです。

今まで自分の意見をなかなか言えずにいたけれど、キャンプ中、自分の意見を言うことが多くて自信がついたようで、帰ってきてからの部活では言いたいことが言えるようになったと話してくれました。
決められたことをやるだけでなく、どうしたいか考えたり、話し合ったりすることが多いので、とても良いキャンプだと思いました。(中学1年生女子の母)


夏のキャンプをとても楽しみにしていたので、大満足だったようです。みんなでやった肝試しの話を何度もしてくれました。イワナつかみもいい経験になったようです。また行きたいと言っています。(中学1年生女子の母)


昨年は初めての参加だったので2泊でしたが、今年は迷うことなく3泊のキャンプに申し込みました。参加できてよかったです。昨年のキャンプとの違いは、いろいろな経験ができたこと、カッパを着て何かをしたのは初めての経験だったと思います。泥だらけのズボンのすそ、しめったTシャツ、湿った枯葉のついたサンダルを見ると、自然の中でいろいろな経験をさせてもらったのだなあと思いました。

また、解散の時、一緒にキャンプに行った友だちから「○○!(キャンプネーム)」と呼ばれ、「また一緒に野球やろうな!」と声をかけてもらい、ハイタッチして別れたシーンには胸が熱くなりました。3泊の重みを感じました。この夏も良い思い出に残るキャンプをありがとうございました。(中学2年生男子の母)


今年も充実した日々を過ごせたようです。キャンプでたくさんの大人たち、仲間たちと関われる息子はとても幸せだなあ、と思います。今年も「大学生になるのって大変だとわかってきたと思うけど、やっぱりアサヒキャンプのお兄さんになりたいの?」と確認したところ、即答で「でも、なりたいんだよね〜」でした。こういう思いを大切にこれからもいろいろなことを乗り越えていってくれたらと願っています。(小学6年生男子の母)


帰りの迎えに行き、車に乗り込んで初めての一言は「あー楽しかった。もっと長く行ってきたかった。今度は3泊でも4泊でも5泊でも行きたいな」と話しました。あまり参加すると大学生のお兄さんお姉さんが倒れてしまうと思うので考えものですが、来年も絶対に参加する!!と今から張り切っています。(小学3年生女子の母)


今回初めて参加させていただき、ありがとうございました。大学生とは思えないほど、皆さんしっかりしていて、安心して送り出すことができました。子どもたちもとても楽しかったようです。帰ってきてからよく笑うようになり、元気になった気がします。(小学3年生女子の母)


帰ってきた時の顔を見て、とても笑顔の息子を見て、まずアサヒキャンプのスタッフの皆様に感謝です。本人もとても楽しかったと帰りの車の中も話しっぱなしでした。そして、少し成長した気がしました。帰ってきた時から周りに気を使えるようになったのと、がんばろうという気持ちを表すような気がしました。(小学5年生男子の母)


2014年「夏休み川のほとりキャンプ」

参加児から

かまど、たのしかったよー!(中学2年生男子)


ドラム缶風呂が気持ちよかったです。(中学3年生女子)


私はシャイニーズのおゆうぎ会(スタンツ大会)で、さかだちをがんばりました。夜ごはん作りで、かまどでうちわでがんばってあおぎました。(中学1年生女子)


しらたまだんごづくり チーズフォンデュ ちらしずし はなび スライムふうせん イワナつかみ きのこさがし くるみといっぱい話しました。(小学3年生男子)


保護者から

今回も楽しく参加させていただきました。天候はあいにくだったようですが、子どもを喜ばせるおやつ作りや工作の準備までしっかりとしていただき、よい思い出がたくさんできたようです。今回で3回目ですが、過去の写真やDVDを今でも毎日のように見て、歌ったり、笑ったり、名前を言ったり・・・楽しい思い出を反芻しています。のびのびと遊び、歌い、多くの人と関われるところは、アサヒキャンプしかありません。親としては感謝の気持ちでいっぱいです。(中学1年生女子の母)


今回は雨のため室内での活動も多かったと思いますが、ずっとやりたかったスイカ割りができたこと、カウンセラーさんたちとたくさん話ができたこと、スタンツで歌を歌ったことなど、4日間楽しく過ごし、今年もたくさんの思い出が出来たことと思います。

夏休み最後の日曜日に、チョコ入り白玉を作ってくれました。一人でスーパーに買い物に行き、すべて一人で作ってくれました。最後まで自分一人で完成させたことにとてもびっくりしました。

2学期が始まりましたが、今からアフターキャンプでカウンセラーに会えるのをとても楽しみにしています。アサヒキャンプが大きな心の支えになっていることを日々の中でも強く感じています。(小学6年生女子の母)


自分からキャンプの感想を言うことはないのですが、笑顔をたくさん見せてくれました。質問すると感想を話してくれました。本当にステキな笑顔です。キャンプから帰って2日目ぐらいから、自分の脱いだ服をたたむようになり、娘に聞くと、5年生だから自分のことは自分で頑張ると言い、今も毎日がんばっています。今までまったくしなかったのでびっくりです。今年も娘の成長がうれしかったです。(小学5年生女子の母)


娘は「全然大丈夫」と初めて夏のキャンプにのぞみました。元気いっぱいの娘なのできっと笑顔いっぱいに楽しんだと思います。帰りのバス到着後の帰宅の車の中、ご飯作り、スイカ割り、発表した歌の話など、あふれんばかりの思い出を聞かせてくれました。仲良しのお友だちもでき、満喫できたようで、笑顔がまぶしかったです。(小学3年生女子の母)


今年ももちろん笑顔で「楽しかった〜」と帰ってきました。親としてこのキャンプなら安心して任せられます。そんなキャンプはなかなかないと思うので、本当にありがたいです。(小学6年生男子の母)


生まれて初めての親元を離れてのお泊りということで、親としては不安いっぱいでしたが、説明会でのアサヒキャンプカウンセラーの学生さんのみなぎるパワー、楽しい雰囲気に頼もしさを感じ、安心して、わが子を送り出すことができました。

最終日、バスから降りてキャンプカウンセラーさんと親しく話をするわが子の表情から、4日間がとても充実していたことがよくわかりました。ひとまわり大きくなったわが子の成長とキャンプカウンセラーさんと濃い時間を過ごせたことがうれしくて、本当に行かせて良かったなと思わず涙が出そうでした。

人の名前を覚えることが苦手なわが子から、たくさんのキャンプカウンセラーの名前が出てきたことに、どれだけ濃い関わりを持ってもらったかと思うと本当に感謝しています。楽しい思い出、経験を本当にありがとうございました。アサヒキャンプに出会えてよかったです。わが子の居場所ができました。(小学4年生男子の母)


アサヒキャンプでわが子の存在を大切にしてもらっているおかげで、子ども自信も自分の存在価値を少しずつ分かりはじめたようです。今までは学校で嫌な体験をすると泣いて怒って、ぐちゃぐちゃになっていましたが、最近では他者との距離を上手に取りながら、精神的に安定して過ごしています。日常生活の中でも自信をもって過ごせるようになったのはアサヒのおかげです。そして、学校でも低学年の子どもに優しく声をかけたり、肩にタッチできる姿を見て、こんなに成長したんだと涙が出てしまいました。本当にありがとうございます。(小学6年生男子の母)


2013-2014年「ひだまりキャンプ」

保護者から

キャンプでお姉さんたちがじっくり付き合って下さり、できたことをたくさんほめていただいて、本人の自信につながっています。キャンプでたくさんの人と関わることで少しずつ人との付き合い方を学んでいるなと感じます。いつも感謝しております。(小学6年生女子の母)


我が家の娘はアサヒキャンプの話題をする時は、目を輝かせて、さまざまな出来事を我々に伝えてくれます。とても充実したひとときを過ごして来たのだなと感心しています。少しずつではありますが、母親の手伝いも自主的に行うなど、気遣いを見せるようにもなり、我が子の心の成長も喜ばしい限りです。これも優しく見守ってくれる素敵なお兄さんお姉さんのおかげであると思っております。(小学5年生女子の母)


初めての参加で、親の方も心配でしたが、最初のデイキャンプで「楽しかった!」と言ってくれて、とてもホッとしました。きっとカウンセラー、スタッフのお兄さんお姉さんがとても良く見ていて下さっているのだなあと思いました。たくさんの方々と触れ合う機会を持つことができて、とても良い経験になったと思います。ありがとうございました。(小学4年生男子の母)


夏の2泊3日のキャンプに引き続き、ひだまりキャンプの参加でした。
大学生の皆様が本当に息子によく声をかけていただき、感謝しております。回を重ねるごとに成長が見られると誉めてもらえたことが嬉しかったです。息子は言葉の理解はできるものの、話のキャッチボールまではできないので、お兄さんお姉さんからの話は、通常生活では知りえない息子の様子が聞けて感謝しています。(小学4年生男子の母)


初めての参加でした。初対面の人たちばかりの、しかもこんな大勢の中で活動するのは初めてなので、親子共々かなり緊張していました。10月、11月、12月、2月と同じメンバーで活動できたことは、子どもにとって、とても安心できたようです。早めにお迎えに行った時に活動の様子を少し見ることができました。学生さんたちが常に子どもたちに声をかけて、笑いがあり、楽しい雰囲気でした。学生さんたちも楽しんでいるようでしたし、その熱心さに感動しました。成功体験は家庭でもできることはありますが、限界があるし、集団行動でしかできないことが多くあるので、とても貴重な体験をさせていただいたなと感謝しています。本当にありがとうございました。(小学4年生男子の母)


ひだまりキャンプでは、大変お世話になりました。ありがとうございました。4回すべてのキャンプに参加することができ、良かったです。回数を重ねるごとに「行きたい!!」という気持ちが少しずつ出てきたように感じます。息子にとって、良い思い出が増えていっているんだなあ、と思います。報告会で、映像などで家や学校とはまた違う表情を見ることができました。息子の変化を少しずつ感じられるのは、アサヒキャンプのスタッフのみなさんの配慮や支援のおかげだと思います。今後も参加できそうな活動は参加させていこうと思っています。(小学3年生男子の母)


学校の行事ではいつも置いていかれるような気持ちで、疎外感や孤独感を感じているようです。でもアサヒキャンプでは、皆が待っていてくれ、ゆっくりでも良いし、出来なくても良い、焦ることも慌てることもない、息子にとってはとても居心地の良い場所のようです。
 始めの頃は、他の子どもたちと話もなかなかできなかったようですが、回を重ねるごとに気楽に好きな話ができるようになり、とても楽しくなってきたようです。担当の学生さんには大変お世話になりました。息子のことを良く見ていて下さって、会話もたくさんして下さって、本人は相当うれしかったと思います。なんせ学校では相手にされないことも多く、他の人に合わせることに疲れ切っていますから。自分の話を聞いてくれる、という普通のことがとてもうれしいようです。ありがとうございました。(中学2年生男子の母)


2013年「夏休み川のほとりキャンプ」

参加児から

とびこみ最高だった。キャンプ楽しかった。かまどの火のけむりが目にしみてたいへんだった。川の水がとっても冷たかった。パパ、ママ、ら王、ボス、どろんちょ(スタッフの呼び名)のおかげで参加できたのでありがとうございます。(小学生男子)


川の水がつめたくてさむかった。やきいたをつくるのがたいへんだった。かまど楽しかった。カレーおいしかった。(小学生男子)


スターライトフェスティバルがたのしかったです。わたしはカントリーロードをうたいました。大きいこえでうたいました。またやりたいです。(小学生女子)


マウンテーン。みんなありがとう。ぼくは、イワナつかみとスタンツとかまどで料理することが楽しかったです。イワナは2ひきつかみました。思い出は、スタンツは、水の色をかえて、水でっぽうをしたこと。かまどは、まきをきったり、火をおこしたりしたこと。まきをきることができるようになったこと。(中学生男子)


保護者から

初めての参加で、しかも子供だけで外泊も初めてで、子どもも興奮や、ドキドキがあったと思いますが、親も大丈夫かなと心配でした。娘は行く前から楽しみにしていて、パンフレットを見てはイメージし、大大興奮で行く前から熱が出ないかと心配でした。当日は少し緊張したようで固まっていましたが、帰りはバスから降りた時の娘の笑顔にはビックリでした。キャンプの話を聞くと、「ごはんがおいしかった、お友だちが出来た!」と大喜びでした。キャンプに参加して、子どもの言葉が増え、話す内容もあうことが多くなり、また、笑顔も増えてとても成長を感じました。皆様のお宅さんの愛情が娘に伝わりとても楽しいキャンプになりました。(小学生女子の母)


今回、2回目の夏休み川のほとりキャンプでしたので、前回ほどは緊張せずに過ごせたかと思います。少しずつキャンプでの出来事を話してくれました。かまどで火おこしが出来てうれしかったことやイワナつかみが楽しかったこと。キャンプファイヤーでお兄さんとお姉さんが火のついた棒を回していて迫力に驚いたことや星空がきれいだったこと…。去年よりたくさん内容を話してくれていたのでうれしかったです。なかでもスタンツ大会で水鉄砲をしたことが印象に残っているようです。色が変わってマジックみたいだったと笑顔で話してくれました。普通の生活では絶対体験できないようなたくさんの貴重な体験ができ本当に楽しかったようです。それもアサヒキャンプの方々や、大学生のスタッフの方々の日ごろからの努力の賜物だと思って感謝しております。秋からもアサヒキャンプに参加することを心待ちにしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。(中学生男子の母)


川のほとりキャンプが今年で最後と言うことで、本人も今までできなかったことに挑戦したり、山でしか体験できないことを存分にやってきたみたいで、とても満足して帰ってくることが出来ました。カウンセラーのお兄さん、お姉さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
 今までとは違って今回は、自分からしたいこと、やれることを見つけて行動したということを教えてくれました。とても良い環境で3泊4日を過ごせたんだなぁと思いました。(中学生男子の母)


 

2013年「夏いろキャンプ」

参加児から 

流しそうめんが、楽しかったです。冷たくて、つるつるで、おいしかったです。花火はとてもきれいでした。川遊びは、水鉄砲をしたり、みんなに水をかけたりしました。飛び込みは最初怖かったけど、頑張って、一回出来ました。またキャンプに行きたいです。(小学生男子・Aキャンプ)


3日連続雨少しも降らなくて、予定が充実していて楽しかったよ!!一生アサヒキャンプを愛しています。ゆりーとを支えてくれたみんなどうもありがとう。みんなどうもありがとう。みんなのことも愛してますよ! ひだまりキャンプ・来年の夏のキャンプもよろしくね。(小学生男子・Aキャンプ)


4日間何もかもぜ〜んぶ楽しかったです!!キャンプファイヤー、川遊び、スタンツ、ご飯作り・・・・もうどれもかもが今までのキャンプよりも楽しかった。最高の宝物が出来ました!!グループのお姉さん、みんな、トランプ兵、パパとママ本当にありがとう。大学生になったらまた来ます。4年間ありがとうございました。(中学生女子・Bキャンプ)


保護者から

キャンプに参加させていただきありがとうございました。今年3回目、本当に毎年楽しみにしているキャンプです。回を重ねるごとに…バスから下りてくる姿を見ると、一回り大きなオーラ(!?)を感じます。キャンプのお兄さんお姉さんの優しさにいつも支えてもらって、今年もいっぱい忘れられない思い出ができたようです。本当にありがとうございました。(小学生男子の母・Aキャンプ)


今回、初めてアサヒキャンプに参加して事前の説明を聞き、大学生の方がこのキャンプを楽しんでみえる様子がよく伝わり、この方たちとならきっとうちの子も楽しんでくるに違いないと思いキャンプに送りだしました。キャンプから帰ってきてからは毎日、キャンプのことを思い出して話をしてくれます。キャンプで貰ったプレゼントも大事にしまってとってあります。子どもにとっても、送り出した親にとっても、とても良い思い出になったキャンプでした。ありがとうございました。(中学生男子の母・Aキャンプ)


今年で中学3年生になり、とうとうアサヒキャンプを終えるときが来てしまいました。

最初は、知っている子がほとんどいない状態で、本当に大丈夫なのかと思っていましたが、帰ってくると「また行きたい!!」と翌年から中学3年生になるまでずっと「行く!!」と楽しみにしていました。大学生のお兄さん、お姉さん方にはいろいろご迷惑をかけたと思いますが、それでもこの6年間は娘にとって楽しいキャンプの思い出が、ギュッと詰まったものになったと思います。関係者の皆様、大変お世話になりました。(中学生女子の母・Bキャンプ)


キャンプは初めての参加で、担当の学生のお姉さんはお手紙や電話で、少しでも子どもと関わろうと努力してくれて、説明会の時も子どもたち達のために明るく、楽しい雰囲気を作り出そうとしているのが、良く伝わってきました。そのおかげで、担当のお姉さんとの関係もよく、娘はまたキャンプを参加したいと言っておりました。障がいをもった子どもたちとキャンプを過ごすというのは、スタッフの方々にとって大変な気力・体力をつかうことと思いますが、そういう子どもを持った親には、大変ありがたい存在です。ありがとうございました。(中学生女子の母・Bキャンプ)


2012〜2013年「ひだまりキャンプ」

保護者から

夏のキャンプでは夜、涙が出たことを話してくれた息子でしたが、その後のひだまりキャンプに参加し1泊2日のキャンプのころには「ママがいなくても平気で寝むれた!」と言ってくれました。正直、スローペースの息子には、いろいろな場面で、きついと感じることもあるだろうと思ってしまいます。けれど本人は「いっぱい遊んだ!」「スタンツもやった!」「お友だちと遊べた!」と楽しかったことばかり話します。親として本当に嬉しいです。(小学生男子の母)


今回初めて参加させていただきました。泊まりのキャンプに不安がありましたが、デイキャンプからのスタートだったので、本人も親も安心して参加することができました。お兄さんお姉さんも、とても温かい気持ちで接してくださり、子どももとてもリラックスしていたように思います。今回は似たような友だちと出会えたことがとても良いことでした。よく似た友だちとのおしゃべりや成功体験を味わい、希望通りのキャンプになりました。ありがとうございます。(小学生男子の母)


毎回楽しみに参加しています。とにかく自信がなく、人に話しかけることや、人前で発表することが苦手でしたが、キャンプで毎回あるスタンツ発表をみんなで考えて、発表して、それを受け入れてもらえ喜んでもらえる、ということがとても彼にとって嬉しく、自信につながっていったようです。(小学生男子の母)


4回すべてに参加させていただきました。学校で無理をして頑張っているので、息抜きでストレス発散できる場があるというのはとてもありがたかったです。人とのふれあいをあまり好まない子ですが、アサヒキャンプのスタッフの方には、自分から積極的に関わっていけたり、キャンプで親しくなったお友だもできたりと、世界が広がったようでとても喜んでいました。デイキャンプ・宿泊キャンプとも日程もきつすぎず、体力的にも余裕をもって参加できました。1〜2カ月に1回のこのようなキャンプが本当にありがたいです。(中学生女子の母)


寒い季節だったのですべて参加できるか心配でしたが、デイキャンプとお泊りとの交互なのがとても良く、メリハリのある秋冬を送れました。子ども自身がカレンダーを見て「もうすぐキャンプだから風邪治さないと!うがいしてくるわ!」と、キャンプが楽しみで、自分で体調管理に励んでいた姿が印象的でした。学生さんの名前や友だちの名前が話題によく出てくるようになり、「今度○○のこと話そう!」などと次への期待が持てるところがひだまりキャンプの良いところだと思います。(小学生男子の母)


学校行事の中でも泊まりの行事はありますが、やはり普通学級の中に入ると「お客さん」扱いになってしまい、本人も自分らしさを出せない部分があるかと思います。ひだまりキャンプのように、それぞれがうちの子のように課題を抱えた子の中でしたら、自分をさらけだし、かつ非日常の体験をすることにより、本人の成長につながると確信しています。特に12月のデイキャンプでは「お菓子作り」という家でもしたことのない経験ができ、非常に貴重なことだったなと思います。今後も幅広い企画を期待しています。(小学生男子の父)


一人っ子で兄弟もいない息子にとって、アサヒキャンプは願ってもいない機会でした。デイキャンプでは体を使って遊んだり、ケーキを作ったりしたことが楽しかったと言っています。宿泊キャンプではスタンツ大会が1番好きなようです。何より全てのイベントは子ども達のために企画され、スタッフの方の対応が素晴らしいと思います。みなさんと接している息子は、本当に楽しそうで目がキラキラしています。息子にとって、とても居心地の良い場所なのだろうと思います。(小学生男子の母)


2012年「夏休み川のほとりキャンプ」

参加児から

とっても楽しかったよ。

しゃぼんだまも、きもだめしも、やきマシュマロも。
ほんとうにたのしかった。(小学生女子)


キャンプで楽しかったことランキングBEST3

1.川でたくさん遊んだこと
2.みんなでお料理したこと
3.ほうれん草ダンスをしたこと(小学生女子)


ちょっと帰りたいと思ったときもありました。

けれど、ぼくの大好きなきもだめしがやれてよかったです。
きもだめしがいちばん心にのこりました。
4日間ありがとう!!(小学生男子)


ぼくは8月21日〜8月24日バスでキャンプに行きました。夜においしいカレーライスをつくりました。おいしかったです。2日めに、川にいってイワナつかみをしました。夜にキャンプファイアーと、きもだめしをしました。きもだめしはこわかったです。

3日めに、川にいって遊びました。すいかわりをしました。夜にスタンツと花火をしました。4日めに、大キャビンでUNOなどいろいろしました。たのしかった。7人であそびました。(小学生男子)


保護者から

息子にとってキャンプはとても思い出深く、印象的なシーンをいろいろと話してくれました。中でもイワナつかみのことは、自由ノート(夏休みの宿題のひとつ)には、たくさん日記として書いていました。ありがとうございました。(小学生男子保護者)


子どもはキャンプ前からとても楽しみにしており、そしてキャンプ後は活き活きとした表情をしており、子どもにとって、この川のほとりキャンプは、とても重要な位置づけになっているのだと思いました。親としても、子どもの活き活きとした姿を見ることができて、嬉しく思います。子どもが活き活きとできるのも、キャンプカウンセラーの皆さんが、子どもたちのそれぞれの個性を尊重し、決して無視することなく、子どもたちに関わってくれているからだと思います。
料理作りでは“野菜切り”をいつもしていたのですが、今回のキャンプでは、“野菜切り”と“かまど”を交替でやらせてもらったようで、いつもと違う体験もさせていただいて、嬉しかったです。(小学生男子保護者)


いつも学校のことなどはあまり話さないのですが、夏のキャンプのことは、とても楽しそうにたくさんのことを話してくれました。前回の春のキャンプでは、大学生のお兄さん、お姉さんの話しが多かったのですが、今回はお兄さんお姉さんの話しをしただけでなく、グループの女の子の話しも出てきて、みんなで楽しく過ごすことができたのかな、と想像し、同年代の子どもさんたちとのかかわりができたことを、とても嬉しく思います。
 また、このキャンプで、初めて一人で3泊できたという自信、川遊びで飛び込みやイワナを捕まえることが出来たという達成感、学校ならムリ、と言って尻込みしてしまいそうなことや、出来なくてすぐにあきらめてしまいそうなことにでも、このキャンプではいろいろチャレンジできたのではないかと思います。最初は3泊も大丈夫かと少し不安もありましたが、子どもが楽しそうに話すのを見ていると、参加させていただき、本当によかったと思います。
 子どもにとっても、たくさんの経験、楽しい思い出が出来ました。本当にありがとうございました。
(小学生女子保護者)


四日間、ありがとうございました。今までいろいろなキャンプに参加してきたことのある息子が「今まで行ったキャンプの中で一番楽しかった!!」と言って喜んでいました。また、前回もそうでしたが、「グループのお兄さんとお姉さんも優しくて良かった。」そして「グループの友だちもいい子ばっかりで良かったー!」とも言っていました。家に帰ってきてから少し泣き顔になり、「キャンプが終わって寂しい。」と言った時はびっくりしました。(そんな事は今まで無かった事です)
 親の私からお伝えしたいことは、ただ、感謝の気持ちでいっぱいということです。本当に素晴らしいキャンプに参加できて本当にうれしく思っております。そしてこれからもどうぞ、末永くよろしくお願い致します。(小学生男子保護者)


アサヒキャンプに参加するようになって、子ども同士の関わり方が上手く出来ないけれども、積極的になってきました。わかってもらえないからか、大人や自分に合わせてくれそうな人としか関わろうとしなかったのが、普段にアサヒキャンプでの友だちの名前が出てきたりして、とてもうれしく思います。3泊4日で出かけることは初めてで、楽しんで来れるか心配でしたが、少し淋しかったかもしれないけど、「また行く」と言っていました。楽しく、良い思い出を作って下さって、本当に感謝しています。ありがとうございました。(小学生男子保護者)


親から離れ、4日間を過ごすという夏の大イベントは、子どもにとって確実に成長して帰って来てくれていると実感しています。カウンセラーの皆さんの愛情をいっぱいもらって帰ってくるのがわかります。子どもにとってアサヒキャンプは”自分を好きになる場所””自信がもてるようになる場所”のようです。キャンプから帰ってくると、表情も自信たっぷりでイキイキとしていて、日常生活の行動も、自ら気づいて動けることが増えてきました。一年を通じて利用し、子どもがもっともっと自信をつけれるようになるといいな、と思います。ありがとうございました。(小学生男子保護者)


ページトップへ

2012年「合同キャンプ」

参加児から

いつもおいしいごはん、たのしいです。バスにのるのも楽しいです。(小学生男子)


1日目は雨でキャンプファイアーができなくて、室内でキャンプファイヤーをやって、2日めは川であそんで、ながしそうめんもやりました。3日めは、ゆうがたバスにのってかえりました。(小学生男子)


川に4回、飛び込んだ!! 4日間快晴!! 来年も来ます!! 大学生になったらカウンセラーとして参加したいです!(小学生女子)


川での飛び込みができて、よかったです。発表がすごく盛り上がりました。(中学生男子)


4日間とーっても楽しかったです。川で飛び込んだのが一番楽しかったです。天気もずっと晴れで最高でした。スタンツでやったロシアンルーレットも楽しかった。みんなでウノをしたり、キーホルダーを作ったり・・・、もうどれもチョー興奮しました。来年も絶対行きたいです! マジサイコーでした。みんな Thank You!!(中学生女子)


もう本当、キャンプ楽しかった!! 川も冷たくてサイコーだったし、スタンツでも歌が歌えてよかった〜。グループのみんなも、魔人も、小人の妖精も、みんなも、マジカルフェアリーズのみんなも、父も母も川も山もみんな、みんな、みんな、ありがとう。(中学生女子)

私は今年で卒業します。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。みんなありがとう。それしかいえない。(中学生女子)


保護者から

母から離れて2泊3日泊まるなんて、できるのかナ?と思っていましたが、本人が行くというので行かせました。帰ってくると夜、涙がでちゃったこと、ふきふきしてがまんしたこと、楽しかったこと、また行きたい、と言ってくれました。妹に「3年生になったら行こうよ!キャンプネーム、△△でどう?」と誘っていました。自分のことも自分でやりきれない息子がどうやって過ごしたのか、ちょっと気になりますが、いずれ私たち親から離れて生きていかなければいけないですし、彼なりに楽しい人生を生きてほしいと思います。
 広い世界を知ってほしいと思ってもなかなかチャンスはない中、こんなすてきなキャンプにめぐり合えてとても幸せです。来年も行くそうです。どうぞ、よろしくお願いします。(小学生男子保護者)


2回目の今年は親子共々、昨年のような不安な気持ちは抱くこともなく、ワクワクしながら当日を心待ちにしておりました。お迎えに行くと開口一番「ただいまー、すっごくたのしかったぁ!!」でした。思い出話は自宅へ帰っても尽きることがなくて、昨年はお迎えで学生さんたちと別れるのが辛くて泣いてしまった息子も、今年はあっさり「バイバーイ」だったので、「あれっ今年は平気なんだね?」と聞いてみると、「俺ね、今年もジーンときているんだけれど、もう1年たったし、我慢しているんだよ。」でした。学生さんたちから「よく働いてくれましたよ〜」とたくさん誉めてもらい、彼にとっても、私にとってもアサヒキャンプがとてもありがたい存在です。また宜しくお願い致します。(小学生男子保護者)


いつもありがとうございます。キャンプに参加してもうすぐで丸3年になりますが、随分と成長して、本人も家族も前向きでいられます。ずっとキャンプで温かく受け入れてもらっていることが本人のよりどころになっていて、それは家族が受け入れることとはまた違った世界であり、私たちには与えることのできないものをアサヒキャンプが与えてくれていると思っています。キャンプに行くずっと前から、「あと1か月でキャンプだ」とカウントダウンしはじめ、生きがいのように楽しみにしています。
 今のままのアサヒキャンプで、居心地のよい空間でいて下さることがきっとストレスを抱えた子どもたちにとって大事なのだろうと思います。こういった居心地の良い経験が本人を支えていると感じています。(小学生男子保護者)


アサヒキャンプから帰ってくると、いつも成長していたように思います。彼女たちの居場所、居心地が良かったのだと思います。ありがとうございます。嬉しかったようです。これからの人生にきっと役立つことを願っています。6年間お世話になり、ありがとうございました。(中学生女子保護者)

初めての3泊4日のAキャンプ参加で、荷作りから大変だなあと思っていたところ、昨年のBキャンプの経験があったことと、わかりやすく作っていただいたしおりのおかげで、大部分を娘一人で準備することができました。
 また、キャンプを終えて帰ってきた娘の口からは昨年以上にたくさんのお友だちの名前が出てきて、大人だけでなく、友だちと関わりを持てたことを嬉しく思いました。
 そして、今年は積極的にカレーの材料を切ったり、みそ煮込みうどんやサンドイッチを作ったとのこと。カウンセラーの皆さんが、楽しめるように工夫して参加させてくださったんだな、と感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。(中学生女子保護者)


ページトップへ